運動神経 親

運動神経は親の遺伝でもあるし育て方や環境しだいでもある

スポンサーリンク

運動神経は親の遺伝で生まれつき持っているものなのかもしれません。
同じ時期に運動をはじめても上手くなるのが早い子がいます。
その子の父、母またはその両方が運動神経がよくて生まれてくる子供に遺伝して運動が早く上達しているかもしれません。
今スポーツで活躍している人の親も運動神経が良い人が多く存在しています。
野球、サッカー、テニス、水泳、バスケットボール、バレーボール、ハンドボール、ソフトボール、陸上競技、その他あらゆるスポーツで活躍している人の父、母またはその両方が高い運動能力を持っている人が多いのは事実です。
しかし、スポーツができる人の中には親が全然スポーツができない人もたくさんいるので遺伝だけでなく育て方や環境も影響しているかもしれません。
スポンサーリンク

例えばその人に運動神経が全くなくて、その人の親は運動神経が良い人がいるとします。
その人の父、母が毎日一緒になって走っていていつの間にかマラソンではとても順位がよくなっていたということもあります。
野球が全くできなかった人でも毎日素振りをする時間を作ってあげたり、速いボールのスピードになれる環境があれば野球が全くできなかった人でも野球がとてもうまくなる人も多くいます。
全く泳げなかった人が毎日水にふれビートバンなど色々な泳ぐためのサポート器具をつけてバタ足や水をかく練習ができれば全く泳げなかった人でもかなり泳げるようになったという人も多くいます。
このように、あらゆる運動は親からの遺伝だけではなく、育て方や環境でかなり変わってくるかもしれません。
スポンサーリンク