運動神経 遺伝 父親

運動神経は父親からの遺伝であるという考え方について

スポンサーリンク

子どもの持っている能力は、一人ひとりが同じではありません。
運動が得意な子もいれば、走るのは苦手だけど勉強ができる子がいるのが普通なのです。
運動が得意な子供は、2〜3歳の小さな頃から周りからも、運動神経が良いと言われていることが多いものです。
運動神経とはどのようにして培われているのか、不思議に思う人もいるのではないでしょうか。
運動ができるかどうかに遺伝説というものがあります。
子どもの能力に親の持つ能力が遺伝するのではないかという考えです。
父親がアスリートで子どもが同じスポーツで成功しているケースも多く、信じている人も少なくありません。
運動神経の良い子どもになってほしいと考えている人には、とても興味深い話と言えそうです。
スポンサーリンク

運動神経の遺伝についてはいろいろな説があります。
父親からの遺伝であるとか諸説ありますが、実際に明確に証明されているわけではありません。
では、なぜアスリートの子どもが運動の世界で成功するケースが多いのでしょうか。
それは遺伝というよりも、運動に対する関わり方によるものであると考えられています。
小さい頃から運動を積極的にしていた子どものほうが、スポーツでも活躍していることが多いと言われています。
これは神経系の発達が著しいのが3〜14歳頃であると考えられているためです。
運動神経に親が関係しているとすれば、幼少期の運動に対する取り組み方にあると言えます。
自分自身が運動が苦手だからと言って、わが子も苦手であると諦める必要はないのです。
スポンサーリンク