寝返り 運動神経

赤ちゃんの寝返りと運動神経を良くする

スポンサーリンク

寝返りは体にかかる重力が一定になることを防ぎ、血液の流れを促して快適な睡眠のために人間が自然と行う行動です。
赤ちゃんの寝返りとは、それまでは周囲に助けられて体の向きを変えていたものから、自力で回転して仰向けの状態からうつぶせの状態に反転することです。
大人と違い下半身に勢いをつけてねじってから上半身を持っていく特徴があり、寝返りができるようになると赤ちゃんの視野は広がり成長段階の1つの目安にもなります。
赤ちゃんの寝返りには個人差が大きく、早い赤ちゃんでは3ヶ月ごろから始めますが遅い赤ちゃんだと10ヶ月あたりまでしない子もおり、平均的には4〜5ヶ月で始め、7ヶ月をすぎる頃には約9割の赤ちゃんがします。
スポンサーリンク

遺伝子研究が進んでいて運動神経に関係する遺伝子の存在が明らかになっていますが、運動神経には環境による要因が強く関わっており、赤ちゃんの寝返りとハイハイは運動神経の発達と筋肉の成長に関係しています。
また、神経は頭から下へ向かって発達していくので、最も発達が遅い箇所である足の裏など身体の末端の神経を刺激することが運動神経を良くしたいと希望する場合には効果的です。
歩けるようになってからは走る、跳ぶ、跳ねる、回転する、よじ登る、逆さまになる、投げる、ぶら下がるなど基本的な全身運動を身につけさせると効果的で、運動神経が良くなるかは幼い時から小学校1年生までの神経が発達する間に運動をしてきたかどうかで伸び方に差が出ます。
スポンサーリンク