子供の体力の付け方

子供の体力の付け方とは

スポンサーリンク

子供の体力が低下しているといわれています。
これはやはりTVゲームなどの普及により外で遊ぶことが少なくなったことが大きな要因の一つとおもわれます。
昔は外で缶けりや鬼ごっこなどの遊びで自然と体力を付けていきました。
今の子供はその様な遊びはほとんどしません。
では現代の子供の体力の付け方はどの様にすれば良いのでしょうか。
外で遊ぶのが好きな子供やスポーツクラブなどで日常的に運動している子供は大丈夫だと思います。
問題は運動をする習慣がない子供の体力の付け方です。
水泳や体操などのスポーツを習わせると良いでしょう。
しかし、子供が嫌がる場合があります。
その様なときは無理に続けさせない方が良いです。
運動が嫌いな子供に育ってしまう恐れがあります。
スポンサーリンク

小学生位までの子供には筋力トレーニングをさせる必要はほとんどありません。
通常、筋力トレーニングは中学以降に行うものです。
運動が嫌いな子供に無理にハードな運動をさせることはありません。
歩くだけでも良いのです。
少し長めに歩かせ、できれば軽く走らせると良いでしょう。
歩くこと、走ることで腹筋や脚が鍛えられ体力が付き姿勢も良くなります。
庭で縄跳びをさせたり自転車に乗らせるのも良いでしょう。
自転車に乗れる環境にない場合は室内でエアロバイクを使用すると良いかもしれません。
運動を嫌がる子供には運動の楽しさをわかってもらうことが大事です。
最初は軽いストレッチや柔軟体操を楽しみながら行い身体の柔軟性が高まっていくのを自覚できる様になると運動の楽しさがしだいにわかってくるでしょう。
スポンサーリンク