運動能力 遺伝

親と子 運動能力は本当に遺伝するのか

スポンサーリンク

運動能力は、遺伝するかという問題で、あるスポーツ専門家は同じトレーニングをしても筋肉のすごくつく人、なかなかつかない人がいるということです。
体の筋量には遺伝的要因が強いことは知られていると言われています。
生まれつきの両親の体系や特徴などは遺伝すると言います。
骨格、筋肉、身長その他いろいろな部位が遺伝するものだと言われています。
親と子同じような体系ならば運動能力にも影響するのは当然だと言うことです。
ある有名なスポーツの大選手が自分の子には全然そのスポーツの能力はないと嘆いていました。
それは生まれたときは同じようなものであっても、子供の成長していく上での環境、食生活などでものすごく変わるものなのです。
スポンサーリンク

それが3歳〜5歳、10歳〜12歳、15歳〜18歳この時期にいかにスポーツと関わるかで一生の運動能力に関係するものだと言われています。
特に、10〜12歳の時はゴールデンエイジと言います。
この時期に子供がどれだけ運動したかで決まるようです。
ですから運動能力を発達させるにはこの時期に色々な運動をさせることが重要であることは間違いないことです。
15〜18歳は神経に対して体が追いついていく時期です。
この時期にたくさんの運動をすることで大きな成長ができるはずです。
そのようなことからやはり体つき、筋肉は同じであることから親と子が同じ歳の時に大きく変わったとしてもそれは生活環境などが違っていたと考えられます。
やはり、運動能力は遺伝するということです。
スポンサーリンク