バドミントン 体力作り

体力作りのためのバドミントン

スポンサーリンク

体力作りのためのバドミントンについてお話しいたします。
バドミントンというとあまり知らない方は室内競技ということも知らない方もいます。
子供の頃自宅周辺で軽く羽根つきの要領で打つイメージがある方もいます。
そういう風なイメージでおこなうバドミントンというよりは体力作りとしてのバドミントンということで考えていく場合は少しハードになっていきます。
オリンピックの試合などを見ますと少しわかってくることがあります。
実際にハイクリアーなどを10分でも打ち続けた場合かなりの運動量になります。
基本的な打ち方から違います。
羽根つきの要領で打っていたのとは全く違います。
体全体を使いシャトルを思いっきり高く天井につくのではないかというくらいに打ち上げます。
スポンサーリンク

練習試合の前までに一通りの打ち合いをお互いにやります。
そのあとにダブルスやシングルスで試合をする場合もあります。
基本的なフットワークのやり方もあります。
コートの端から端まで隅から隅まで自分が持ったラケットを伸ばして届くところまでフットワークを使ってシャトルを拾う場合やスマッシュやカットという技を使って相手が届かないところに攻撃する場合があります。
またハイクリアーなどでコートの奥まで相手を動かす場合もあります。
バドミントンは実際にやってみるとハードなスポーツです。
若いころからやっていて社会人でもつづける場合もあります。
全くやったことのない方でも体力作りとしてやる場合もあります。
道具はラケットとシャトルがあれば出来るスポーツです。
やる前にはしっかりと準備運動をして手足のストレッチを十分してから行うことが重要です。
60代や70代でもできるスポーツです。
そういう年齢に応じた3対3対で試合をすることもできるようになっているようです。
自分がどの位のレベルなのかを知り楽しく気長に取り組む体力作りとして行うことが重要です。
スポンサーリンク