ボーカル 体力

ボーカルは基礎体力が必要

スポンサーリンク

バンドの華でもあるボーカルは、ライブなどでは動き回ったりジャンルによってはダンスなどをすることもあります。
長丁場のライブでお客さんを楽しませるためにも、体力がなければこなすことができません。
そもそも、歌を歌うのにはお腹から声を出すと良く言いますが、腹式呼吸でしっかりと発声できないとパワフルな歌は歌えません。
また、ロングトーンなどの声を伸ばす歌い方をする場合もありますから、その時にもしっかりと息が続くように体を鍛えておくのが大切です。
また、呼吸の大小によって歌の抑揚を出して表現力を高めることができますから、呼吸のトレーニングも必要です。
発声のベースとなっているのは体ですから、しっかりと基礎体力を上げておくのがおすすめです。
スポンサーリンク

ボーカルに一番必要な体力作りのポイントは、発生に関わるお腹や腰周りの筋肉の強化です。
腹式呼吸ではお腹の奥から息を吸い込んで吐き出し、発声することが重要ですから、お腹周りにある程度の筋肉を付けるのが大切です。
お腹周りというと腹筋が思い浮かびますが、腹筋のみでなく背筋も重要です。
バランスよく鍛えることで、発声しやすくなります。
また、お腹の上部ではなく下部のおへそよりやや下の部分を良く使いますから、ここを鍛えるようにすると良いでしょう。
また、足腰で体を支えて声を出しますから、下半身のスタミナアップも効果的です。
手軽な方法としてはウォーキングやランニングがあり、足腰を鍛えるのに向いています。
また、心肺機能も高まりますから、ボーカリストにとってはメリットがあります。
スポンサーリンク