運動神経 遺伝

遺伝による運動神経について

スポンサーリンク

運動をする能力は、努力をして身に付く後天的な要素の占める部分が、確かに存在します。
いっぽうで、先天的な運動神経の遺伝による、才能が占める部分も、かなりの要素を占めます。
そのため、一流のアスリートの場合には、両方の部分を持ち合わせていることが多いのです。
しかし、運動神経の遺伝による才能があったとしても、活用する機会がなければ意味がありません。
そこで最近は、そうした先天的な才能を、活かすことに着目した取り組みが始まっています。
例えば、バレーボールをするためには、やはり高い身長があったほうが、相対的に有利になります。
これに対して、いくら高い身長があっても、技術が伴わなければ、それを活かすことは出来ません。
スポンサーリンク

すなわち、身長が高くなる人が初期から技術を磨くと、一流バレーボ−ラーになる可能性が高まります。
こうしたことから、まず遺伝的に身長が高くなる人を、見極めることが必要になります。
その点で、最近はDNA検査を行うことも一つの手段ですが、これにはまだ社会的な認識が不十分です。
しかし、もっと簡単な方法で、身長が高くなるかどうかを、ある程度判断することが可能になります。
その方法とは、家族や家系における身長の高さを、調べることです。
例えば、両親の身長が高い人は、子供も身長が高くなる傾向が高くなります。
こうした家族や家系による、遺伝的な才能はあくまで目安ですが、かなりの判断材料になります。
事実として、スポーツで子供をスカウトするときには、こうしたことが判断材料になることがあります。
スポンサーリンク